脈診流 経絡治療

施術の流れ

1. 問診
つらい症状のことや病歴、生活習慣などについて問診します。

2. 触診
症状のあるところの触診、腹診や脈診をして全身の状態を診て施術方針を決定します。

3. 施術
★本治法(ほんちほう)
初めに手や足にある経穴(ツボ)に鍼をして全身調整をします。
一本鍼をするごとに脈やお腹の変化を診ながら進めていきます。
★標治法(ひょうちほう)
症状のある箇所、背腰部や頸肩部などに鍼や灸をします。

最後に脈やお腹の状態を確認して施術終了です。
施術時間は30分前後です。

適応症

肩こり、腰痛、膝痛、頭痛、めまい、不眠、冷え性、月経異常、不妊、胃腸疾患、更年期症状など

経絡治療は全身の様々な不調が適応となります。
「こんな症状には効くの?」という疑問がありましたらお気軽にご相談ください。